滝めぐり                 

日本の滝100選「北精進ケ滝(その2)」の現地レポートです。
 滝への行き方、駐車場の有無、滝の所在地(場所)を、地図、マップコード、写真等により詳細に掲載しましたので、 訪問時の参考になれば幸いです。
 なお、掲載内容については管理者の推測等も含まれているため、自己責任での活用をお願いします。

北精進ケ滝-2
所在地  山梨県北杜市武川町黒澤
訪問日時 2013年6月5日11~13時
利用した駐車場 道路脇(トイレ無)
滝見台(北精進ケ滝)
駐車場から滝見台までの時間   70分
マップコード
  
       
遊歩道入口 167 491 822
滝見台(北精進ケ滝)  167 519 200
                 
 マップコードをコピーし、Mapionのマップコード検索を選び、貼り付け・検索すると地図を表示できます。
また、マップコードはカーナビ・携帯ナビで目的地設定が簡単にできます。具体的な使用方法はこちらをご覧ください。
目的地の道が狭い場合等は目的地までのルートを表示しないので注意が必要です。


滝つぼルートを断念し、北精進ケ滝を上から見下ろす展望ポイントがあるとのネット情報を見ていたので行ってみることにした。
先程の駐車場から精進ケ滝林道に戻り、御座石林道方面へ車で走っていく。

クリックすると拡大する。
林道を3km位(?)走った左側に御座石林道終点の看板がある。
御座石鉱泉の方から来た場合は終点だが、精進ケ滝林道からみると御座石林道の始点になるのではないかな。
看板の右側を見ると細い登山道のような道があるので、看板の少し先の駐車スペースに車を置いて歩いていく。
なお、この入口の数百m右手前に舗装された道路の入口があったが、この道路は違うので注意が必要です。
細い道を歩いて行くと通行止のゲートがある。この先は車が通れる位の道になっていました。




道路は倒木、巨大な落石、崖崩れなどで塞がれているところがあるが、ガードレールが所々に見えるので崩落前は車が通れたのではないだろうか。このようなところは10数か所あったと思うが、その横を通り抜けたり、上を歩いたりすることはできます。
崩落している個所がこんなに多いと落石の危険性があるのでお奨めできるルートではありませんが、私達は自己責任で行ける所まで頑張ろうと歩いていきました。

惨憺たる状況の道を歩いて行くと、立派な橋が見えてきました。
名前を確認すると「地蔵大橋」(昭和46年10月竣工)でした。川の上にあるので崩落等もなくキレイな形で残っています。

橋を渡った後も倒木、落石は続きます。
でも比較的平坦な道なのでひたすら歩くだけです。

右下遠方に精進ケ滝橋(吊橋)が見えます。
1時間位歩くとガードレールのある道は終点となります。
これから先はトラロープが張ってあるので、それを使って急な斜面を慎重に下りていく。

やがて滝が見えてきて、狭いが滝を展望できる所に到着します。
そこは断崖絶壁で足がすくむような凄い所です。高所恐怖症の私には長居をしたくない場所でしたが、ダイナミックな滝景色は最高でした。
滝つぼには行けなかったが良い思い出になりました。
落ち口より少し高い位置から落差121mの滝を見下ろしているのだから、滝つぼから150m位上の場所にいるのかな?!
上から見た滝は普通おもしろくもなにもないがこの滝は落差が桁違いなので絵になります。
滝つぼは落石で埋め尽くされていました。


この滝を見てから他の滝を見に行く予定だったが、予想外の展開で時間がオーバーしてしまい、また想像以上に体力を使い疲れてしまったので、チョッと早いが今日の泊りの南アルプス市にあるビジネスホテル「ホテル白根」へ向かいました。



北精進ヶ滝の訪問状況
  〇訪問レポート(2013.9.10) ⇒  北精進ヶ滝-3
  〇訪問レポート(2015.10.10) ⇒  北精進ヶ滝-4
  〇訪問レポート(2016.9.9) ⇒  北精進ヶ滝-2016




【 滝 情 報 】 
訪問にあたりお世話になったWebページです。ありがとうございました。
また、初めて訪問する方々が参考になる滝へのルートが写真等で分かり易く紹介されているWebページも掲載しました。





 
     
     

(注)掲載内容については管理者の推測等も含まれているため、自己責任
     での活用をお願いします。