滝めぐり                 

「フレペの滝・カムイワッカの滝・カシュニの滝」の現地レポートです。
 滝への行き方、駐車場の有無、滝の所在地(場所)を、地図、マップコード、写真等により詳細に掲載しましたので、 訪問時の参考になれば幸いです。
 なお、掲載内容については管理者の推測等も含まれているため、自己責任での活用をお願いします。

フレペの滝・カムイワッカの滝・カシュニの滝
所在地  北海道斜里町
訪問日時 2012年7月17日10~13時
利用した駐車場(ゴジラ岩観光) 無料(トイレ有)
駐車場から滝までの時間   -
マップコード
  
 
駐車場  894 854 261
                 
 マップコードをコピーし、Mapionのマップコード検索を選び、貼り付け・検索すると地図を表示できます。
また、マップコードはカーナビ・携帯ナビで目的地設定が簡単にできます。具体的な使用方法はこちらをご覧ください。
目的地の道が狭い場合等は目的地までのルートを表示しないので注意が必要です。
(注)「マップコード」および「MAPCODE」は㈱デンソーの登録商標です。


フレペの滝を除くカムイワッカの滝、カシュニの滝は陸上から見ることができないので、ノトロ港から出ているクルーザーに乗って見に行くことにした。
ホテル「風なみ季」を予約する時に、クルーザー券付(知床岬コース、9時30分発)で予約したら「ゴジラ岩観光」のクルーザーであった。
往きは約2時間、帰りは約1時間半の3時間15分のクルージングで、お手軽滝めぐりならぬ楽ちん滝めぐりです。

お世話になった「ゴジラ岩観光」さんのお店です。
お店の方から話があると思いますが、船上は寒いです。私達は合羽でいきましたが、暑くはないぐらいでした。
船は「カムイワッカ88」で82名定員の大型クルーザーです。
観光会社に9時15分に集合し、船内には予約順に整列し乗込みましたが、先に乗船した人達は屋根のない2階右側の席に座っているようでした。私達は遅い予約なので1階右側で立見の場所となりました。


最初はフレペの滝です。逆光で水の流れがよく見えませんでした。

カモメはたくさんおりました。白いのが鳥とその糞です。
知床半島クルージングの見所は滝、岩、鳥、熊、海、山の風景だと思いますが、スピーカーからの案内がエンジン音と風、波の音で何を言っているのか全然分かりません。
写真に写っているのはなんだか分かりませんが、風景は天気が良いので最高に良かった。


カムイワッカの滝です。幅が広く落差もあるので近くで見れたらダイナミックではないだろうか。

ヒグマの親子3匹です。餌に夢中で船の方をみてくれません。
熊がいることを再認識させられるように、5頭の熊を見ることができました。陸上では遭遇しないことを祈ります。
カシュニの滝です。
水が直接海に落ちている滝なので、オホーツク海が滝壺とか!!??


最後の写真が最先端の知床岬です。


下船後、近くの食堂で昼食をして、チョッと早いが今日の宿の川湯温泉「きたふくろう」に向かった。
国道334号線、道道1115号線、道道805号線、国道391号線を通るルートで約80kmです。
約2時間で宿に着いたが早かったので屈斜路湖に行ってみました。砂湯があり「岸辺の砂を掘ると温泉が出ます」の看板があったので、そのとおり掘ってみると温かい温泉が出てビックリです。
 




【 滝 情 報 】 
訪問にあたりお世話になったWebページです。ありがとうございました。
また、初めて訪問する方々が参考になる滝へのルートが写真等で分かり易く紹介されているWebページも掲載しました。